アマゾンギフト券買取の利用方法

大手通販のアマゾンで利用できるアマゾンギフト券は、そのまま利用するだけでなく、買取に出すこともできます。

このギフト券にはメールタイプやカードタイプなど、色々な様々なタイプが存在しますが、どのようなタイプでも重要になるのはギフト券番号の部分です。この番号がいくらの金額で、有効期限はいつまでなのかといったことが買取の際には大切になります。

その部分をめくらない限りギフト券番号が見えないギフトカードタイプの場合に限り、一般的な金券ショップでも買取を行ってもらえることがありますが、換金率が低いことが多いので、これはあまりおすすめできません。アマゾンギフト券の買取にはネットショップを利用した方がいいでしょう。

アマゾンギフト券を買取ってもらえるネットショップは「アマゾンギフト券 買取」といったキーワードで検索をすると、たくさんの業者が表示されます。買取代金は原則的に銀行口座への振込で支払われ、換金率は最大でも額面の90%程度だと考えておいてください。
中には95%など、もっと高い換金率を表示している業者もありますが、そういった業者ではそこから各種の手数料などを差し引いて、実質的には50~70%程度になることが多いので注意してください。極端に高い換金率を表示している業者は避けた方が無難です。

そして、ある程度まとまった金額でないと換金率が落ちることがあります。5万円以上は90%という場合でも、それ未満の場合は85%などになってしまうかも知れません。もちろんまとめての買取も可能なので、いくつかのギフト券を持っている場合にはできるだけまとめて申込を行いましょう。

また当然ですが、有効期限内であることが条件になります。このギフト券は有効期限が切れると一切利用できなくなります。ですが、少しでも有効期限が残っていれば1回に限り期限の延長を行えるので、有効期限が近くてもそれが換金率に影響することはないと考えて大丈夫です。

買取を行う流れは利用する業者によっても異なりますが、まずはギフト券の金額とメールアドレスなどを伝え、折り返しいくらでの買取になるかの連絡を受けます。その条件で買取ってもらう場合は身分証明書のコピーや画像を送信します。アマゾンギフト券であっても古物買取に当たる為、身分証明が義務付けられている為です。
後は振り込んでもらう銀行口座と共にギフト券の番号を伝え、そこに振り込まれるのを待つだけです。平日の2時頃までの申込であれば、即日振込を行ってくれる業者も多いです。それ以降の時間帯や、休日に申込を行う場合は、いつ頃振り込んでもらえるかを確認しておきましょう。