クレジットカード現金化に関することについて

クレジットカード現金化を絶対に使ってはいけない理由ークレジットカード現金化やショッピング枠現金化と呼ばれる手法が、現在全国で流行している。
これはクレジットカードで買い物をする感覚で利用すれば、そのうち70~80%程度を現金化してくれる即金ビジネスモデルのことで、面倒なお金を借りる手続きが不要で、なによりその日のうちにお金をもらうことが出来るため、気軽に利用する方が増加している傾向にある。
しかし、知っておられない方も多いかと思うが、この現金化は基本、クレジットカードの規約違反になる行為です。
今後はクレジットカードの規約違反というだけでなく、貸金業法によっても規制される可能性があるため、違法スレスレのかなり黒に近いビジネスモデルでもあります。
実際、クレジットカード現金化を薦めている業者の殆どが、もともと街金などを営んでいた悪質な消費者金融だという情報もあるくらいです。
表向き上は明るく見えるクレジットカード現金化を利用するということは、そういった怪しい街金を利用するのと同じくらいの、危険性をはらんでいることになります。
そんな危険を犯してまで利用したいのがクレジットカード現金化だろうか?それは決してそうではありません。
クレジットカード現金化はいかにも効率が悪いークレジットカード現金化を広めようとする看板や広告などには、「クレジットカード現金化は消費者金融と比べ金利がかからない点お得」「クレジットカード現金化は僅かな手数料だけでお金がすぐ手に入る」というキャッチフレーズがかかれている場合が多いが、これらは殆どがひどい嘘であることが多いのである。
確かに消費者金融でお金を借りた場合、1年間にかかる金利は最大18%(上限20%だが、実質的には18%が上限)です。
それに対してクレジットカード現金化を利用した場合にかかる手数料は安い場合で10%程度(まずこんな業者はいないが)です。
確かにこれだけを比べるとクレジットカード現金化の方がお得なように思える。
しかし、よく考えてみると、消費者金融でお金を借りた場合には、1年の金利が最大18%程度なわけで、早期返済などをきちんとしたり翌月に一括で返済してしまった場合には、かかる金利は1.5~6%程度です。1年間借りっぱなしなんていうのは稀でしょう。
トイチですら10日で10%の手数料ークレジットカード現金化の場合には、かなりお得な場合でも即日10%以上もの手数料が差し引かれることになります。
10日で10%の金利(年利換算で365%)がトイチですから、クレジットカード現金化は10日でもなく、わずか1日で手数料10%なため、年利換算すると実に3650%もの天文学的な数値まで金利を取られることになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です