アマゾンギフト券をもらって、やっとアマゾンを知りました。

いまではもう、アマゾンからどのくらい買い物したかわからないくらい買い物をしている、インターネット上のコンビニのようなアマゾンも、ギフト券をもらうまではまるで知らないサイトでした。
ヤフーや楽天市場ではよく買い物していたんですけどね。
ネットでの買い物には慣れているのに知らなかったとは、自分が情弱なのか、それとも意外に知名度が低かったのか、そこはよくわかりません。
ギフト券は、5年ほど前に定期購読していたビジネス誌のアンケートの謝礼として、忘れた頃に500円分が郵便受けに入ってきました。
なんだろう。アスクルみたいなところかな…。と思いながらアマゾンのサイトにアクセスすると、とんでもない規模のネットショッピングサイトで、地方在住でもほぼ1〜2日で注文した商品を届けてくれる。
かつ送料が無料、という内容にひかれ、さっそくギフト券を利用して気になっていた書籍を購入しました。
それからは、毎日のように利用する日々もあったり、という調子になっていきました。
500円分のギフト券の販促効果が、みごと地方在住者に現れた、というところでしょうか。
青森県在住なので、さすがに注文当日の配送は無理ですが、関東圏からの配送なら翌日、関西以南からの配送では2日で届くので十分便利ですね。
ところで、このアマゾンギフト券は、券面タイプだけではなく、メールタイプでも、印刷タイプでも購入できるんですね。このことは、数ヶ月前のキャンペーンで知りました。
3000円分を購入すると、500円分のポイントがおまけについてくるということで、また500円にひかれ購入しました。
このときは買いたいものが色々とあったので助かりましたね。
ギフト券を注文後、アマゾンからメールで来たギフト券番号を登録するだけでOKです。
注文後、ギフト券の残高分から注文分の金額がひかれて行きました。
このメールタイプなら、アマゾンに発注して即、誰かに贈ることもできますね。
お世話になった人への、ちょっとしたお礼とか、親戚、友人へのスモールギフトにも適していると思いましたね。
いまでも、アマゾンは知っていてもネットショッピングはしたことがないという若い人も、まだまだいます。
彼らが、私が最初にもらったような販促用のギフト券を手にする機会が増えれば、アマゾンでの購買に踏み切ってくれる可能性がありますね。